Pocket

全く同じ条件で 日本、US,UKを対象にFacebook Pageの機能で有料宣伝をしました。
詳細条件等は、既に掲載した 新刊のFacebookでの宣伝てんまつ(1/4)新刊のFacebookでの宣伝てんまつ(2/4)新刊のFacebookでの宣伝てんまつ(3/4)を参照してください。

各国別の世代別のリーチ数の割合を示すのが下のグラフです。

このグラフはいくつかの特徴を示しています。

1)US,UKはほぼ同じような傾向分布である。US,UKともに55-64歳がピークになっており、共に30%近くを占めている。日本のこの層は、US,UKの2/3程度である。
これは、US,UKの高齢者層がかなり時間を持て余し(?)、SNS(Facebook)等を頻繁に使用している実態があるのではないか。
2)日本は高齢層の比率が極端に低い。これは、SNS(Facebook),スマホ、PC等の使用者がUS,UKに比べ極端に低い実態があるのかもしれない。
3)若年層、青年層では、US,UKではその比率が低く、日本はかなり高い。US,UKなどではすでに若者層のSNS離れが進んでいるのか?

このグラフで何をどう読むか、皆さんの賢察が知りたいと思います。